2016年5月9日月曜日

Substance Painter Tutorialをやってみる⑰

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 17: Exporting textures


要点まとめ

テクスチャの出力

ここまでで作成したテクスチャを仕様にあわせて出力します。

UE4やUnity5向けのプリセットやまた、自身でカスタマイズしたエクスポート形式などが組み立てられます。

使い方

ショートカット:Ctrl+Shift+E…エクスポートウィンドウが起動



Substance Painter Tutorialをやってみる⑯

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 16: Emissive effects


要点まとめ

エミッシブの追加

いずれかの部分に対して、光らせたい箇所(自己発光体)があった場合、
エミッシブマップと呼ばれるチャンネルを追加することがあります。

前述の半透明の取り扱いと同様に、
TextureSet Setting より"放射性"のマップを追加します。

また、発光物をより発光させて見せたい場合は、
ビューアー設定の"EmissiveIntensity"や
ポストエフェクト"グレア"等の値を調整を行い、マップの作成を詰めましょう。

Substance Painter Tutorialをやってみる⑮

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 15: Opacity


要点まとめ

半透明モデルの取り扱いについて

半透明を取り扱う場合は、シェーダー種の変更とテクスチャセットの追加が必要となります。

TextureSetSettings
 チャンネル→不透明度を追加

ViewerSettings
 Shader:pbr-metal-rough-with-alpha-blendingを選択



これでアルファの設定もできますね!
また、パンチスルー(二値抜き)の場合は、Shader設定をwith-alpha-testに変えましょう。

Substance Painter Tutorialをやってみる⑭

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 14: Smart Materials


要点まとめ

スマートマテリアル

これまでに解説のあったマテリアルや、
Generator/filter等のスタックを使用して作った素材構成をプリセットしたもの。
(塗装された鉄などであれば、塗装のレイヤーグループ/ベースの鉄などの階層化されたもの)

これによって、同じ素材のテクスチャ製作は楽に作れる!といったものです。
便利ですね。

また、自身で組み立てた、レイヤー構造もグループレイヤーにすることで、
スマートマテリアルとして利用可能となります。
(SP1.5以上だと、自動的にスマートマテリアルのサムネイルが出来るそうです。)






Substance Painter Tutorialをやってみる⑬

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 13: Projection tool, stamping images


要点まとめ

プロジェクションマスク

スクリーンスペースに対して、マスクをかけれます!って機能ですね。

使い方

下図の上のほうにあるボタンを押すか、
キーボードショートカットで、3で使用出来ます。

プロジェクションマスク機能としては、マテリアル/各マップ単位で有効に出来るようです。
動画では、一括して編集するにあたり既存のマテリアルをさしてマスクとして使用されていました。


下図は、実際にプロジェクションマスクを使用してみたものです。
なるだけ、手調整はなしにしたいですが、便利そうですね。



Substance Painter Tutorialをやってみる⑫

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 12: Generators and Filters


要点まとめ

Generator

字のごとく、生成機能!
下図のようなカドが削れて、錆びが出てきた!見たいな処理や
空間座標を元に、下のほうだけ汚れている!などの処理を生成してくれる機能です。


使い方

実行対象のレイヤーの上で右クリック→Add Generatorを選択
レイヤーの下に、新たにスタックが追加されるので、
プロパティウィンドウより、必要なGenerator項目を選択して使用します。
※利用する際は、BakeTextureで生成されたマップが必要なので、注意しましょう。
※スタックは複数保持可能で、順番も入れ替え可。

また、スタックにはAdd Paintと呼ばれる加筆用のスタックもあるので、
AdditionalMapに依存しないユニークな調整も可能になります。


Filter

フィルタはPhotoshop等でよく利用するあいつです。
カラーマップ/グレースケールマップのいずれかに使える内容が変わりますが、
Photoshopのフィルタが理解できていれば、普通に使えてるハズ。



Level

またスタックには、レベル補正の機能となる"Level"もあります。
下図の例の場合だと、新規にラフネスにだけ影響するレイヤーを作成し、
レベルのスタックを追加して調整するといった内容を行っています。(右図)



Substance Painter Tutorialをやってみる⑪

Substance Painter Tutorial – Fundamentals 11: Masking


要点まとめ

レイヤーへのマスクの追加方法

レイヤを作って右クリックでメニュがー出てくる。
  • Add Black Mask…黒いマスクで作成(無効)
  • Add White Mask…白いマスクで作成(有効)
  • Add Bitmap Mask…いずれかのマップをマスクとして利用(カーバチャーとか)
  • Add mask with color selection…色指定でマスクを作成(ポジションマップとか、IDを利用)

ビューポート上に、マスク状態を表示させる

ViewerSettingsから、表示選択が可能
モード:Solo
ビュー:マスク

マスクのコピー&ペースト

Ctrl + Shift + Cでマスクをコピー
Ctrl + Shift + Vでマスクをペースト

マスクを消す

右クリック→Clear maskで消える
※レイヤの下にあるスタック系も消えるの注意!


塗りつぶし

レイヤーごと塗りつぶす場合
レイヤーのマスクを選択した状態で、"Add fill"を追加


ポリゴン単位で塗りつぶす場合

Polygon Fillのツールがあるのでそちらを利用。
三角ポリゴン / 四角ポリゴン / メッシュ全体 / UVアイランド の選択方法がある。
(3Dビューで指定すると、裏面のメッシュにも影響が及ぶので注意)


クイックマスク

キーボードショートカット
※クイックマスクはアンドゥ(Ctrl+Z)は使用できません。
T…クイックマスクの編集と使用の切り替え
Y…クイックマスクを解除
I…クイックマスクを反転

その他

パーティクルブラシの"fill"を使うと便利なときもある!
(角度を検出して塗り分けが出来る)